はんこオーダー

はんこ選びなら、提供;はんこ祭り

はんこオーダー


はんこをオーダーするあなたへ

はんこオーダーするあなたへ
『どんな、はんこにしようかな!』って迷ってしまいますね。 使う目的によって認印(みとめいん)だったり、銀行印実印(じついん)だったり、 スタンプだったりしますけど、 それは、容易に決めることができますね。

しかし、はんこの材質となると幾つかってあって迷うでしょうね。 例えば、人工で作られたチタン製・象牙や水牛の角から再生したものや、 硬いで木で作り出した柘(つげ)・女性に好評な赤みをおびた木目が素敵なアグニなどです。 そこで、はんこ選びで迷った貴方ががすんなりと お選びいただけるように、お手伝いします。

こちらが、はんこオーダーサイトです。 はんこオーダー

はんこオーダー


はんこをオーダーするなら、どんなはんこがいいかな

チタン製はんこ

はんこオーダー(注文)するなら、 自分が成りたい自分らしい『はんこ』がいいですね。

例えば、強い意志を持ちたいと思うなら、 白銀色のチタン製のはんこがお似合いかもしれないです。 また、鉱物のチタンは、様々な色合いを創り出すこともできて、 ブルー系やピンク系または、ゴールド系もあります。
とにかく、おしゃれでカッコイです。そのため、使うときには気合が入る人もいるかもしれませんね。

ちなみに、チタンとは人工的に幾つかの鉱物を混合し熱処理で創られたものです。

チタン、それは鉱物の輝き
強固な意志を具現化した、あなたの物語がはじまります。 鉱山の硬い岩をひたすら押し上げる、神々のシューシポスが見上た 白夜(はくや)の月に照らされた、岩の輝きにも似ている。

チタン製はんこ選びなら、提供は;はんこ祭り

はんこオーダー


はんこに刻印する文字って、どんなのがあるの

はんこ

はんこで使う書体には、篆書体(てんしょたい)・印相体(いんそうたい)・古印体(こいんたい)・ 隷書体(れいしょたい)・楷書体(かいしょたい)・行書体(ぎょうしょたい)などがあります。

それぞれの書体は、一般に使う目的によって選ばれるようです。例えば、実印とかによく使われる、 印相体や隷書体は、ぱっと見てなんの文字か分からないと思いますね。真似て作れないようにしてあるのです。

とくに、どの目的にどんな書体を使うかは決まっていないですが、認印でしたら名前入りの楷書体 なんかが、誰からでも見分けることが出来ていいかもしれません。

はんこ選びなら、提供は;はんこ祭り

はんこオーダー


はんこは、どこから買ったらいいの。

オーダーメイドはんこ祭り、楽天

はんこ屋さんって、たくさんあります。当然、迷ってしまいますね。 私からオススメのはんこ屋さん選び方は、まずは信用が第一です。 では、「その信用はどこからですか」って聞かれたら、このように答えます。

保証されていることです。10年間保証で証拠の『印鑑保証書』が付いている、はんこ屋さんもあります。 その保証内容とは、普通の使い方で欠けや摩耗が生じた場合に、無料でふたたび彫り直しが行えるのです。
これは、良いことですね。例えば、「あれ、なんかいつもと違う感じがする」そう感じたら、 貴方の大切な事のはんこですから、 購入先へ保証書の内容を伝えれば良いのです。そして、彫り直しを要求しましょう。

はんこオーダー


つぎには、製造元がしっかりしていることです。それは、豊富な経験をつんだ職人がいることです。 最近は、工作機械が主流ですがここでも綺麗な書体に仕上げるには、職人の技が必要とされています。
こんな職人がいる、はんこ屋さんから購入したいですね。

そして、金属加工産業が盛んで多くの金属加工職人が切磋琢磨している町、 新潟県燕市には、『はんこ祭り』と言うはんこ屋さんがあります。
はんこをオーダー(注文)されるときは、ご参考にしてみてはいかがでしょうか!。

はんこ選びなら、提供は;はんこ祭り

はんこオーダー


Copyright(C) Comfortable Life Diary raralive.com